Packs are enjoyed everyday!

街使いできるカッコいいリュックをひたすら紹介するブログです。自分にとって一番のリュックを探す参考にしていただければ幸いです!

0

ドイツ発!ミニマルデザインとは裏腹に収納が秀逸なアーバンリュック!SALZENの「SAVVY」

こんばんは!

今年日本に本格上陸し、アーバンリュックブランドとして注目が集まる、SALZEN(サルゼン)のリュック「SAVVY」をPR用に送っていただきました!
1ヶ月ほど使用しましたのでレビューさせていただきます!








1.SALZENとは…



CREATE TOMORROW
これまでにないスピードで急激に変化する現代。
今日価値があったものが、明日にはまったく役立たずになるほど……。
でもそんな世界だからこそ、私たちは現状に留まらない人々を尊敬しています。
彼らが自身のビジョンに従い発展させることで、輝かしい明日を生み出すことに。
SALZENが目指すのはそんな人々にとって信頼のおける、よきパートナーとなることです。

SALZENの前身は人間工学に基づき、サスティナブルな方法で作られるスクールバックでした。より幅広い年代の人とあらゆる生活シーンに対応する商品を目指し、2017年にドイツのケルンで誕生しました。ミニマル、高機能、高品質、そしてフェア。この4つの原則に基づいたクリエイションで、バッグのデザインや品質はもちろん、生産背景にも配慮し、絶えず試行錯誤を繰り返しながら、よりよい商品をつくるべく挑戦を続けています。



SALZEN ジャパンサイトより引用
ABOUT salzen.jp



ドイツのケルン発のアーバンリュックブランドです。
日本に上陸したのは今年ですが、存在自体は以前から認識していました。

というのも、ドイツ・ケルンのバックブランドでAEVORpinqponqを当ブログでは紹介していますが、それらのホームページの一番下にSALZENがクレジットされていたんですよね。

AEVORのサイトではpinqponqとSALZENが、pinqponqのサイトではAEVORとSALZENが、といったようにお互いのホームページにリンクできるようになっていました。
今はそのリンクは無いようなんですが、当時私はこの3社はグループか何かなのかな?と思っていました。

その時からSALZENは他のカジュアルな2ブランドと毛色が違って、徹底したミニマルデザインを貫いていました。
ホームページのイメージはビジネス寄りだった記憶があります。
日本に上陸してもミニマルなイメージは変わらないんですが、その時と比べるとジム用のモデルだったりトートリュックだったりビジネス以外にも使えるモデルが増えたような気がします。



2.特徴


今回レビューするのはSALZENを代表するモデル「SAVVY」です。
「SAVVY」とは、抜け目のない~とか、精通している、という意味のようです。
流石ブランドを代表するモデル、非常に使いやすかったです!!

このブランドの特徴は、上記「ABOUT」のリンクにしっかり書いてあるんですが要訳すると、
①動線を考慮したポケットの配置や背負い心地抜群のスーツストラップ等、上げるときりがないオリジナリティや機能性の高さ

②誰にでも似合う・どんなシチュエーションにも対応できるミニマルなデザイン

の2点が挙げられます。

まずこのリュックの第一印象は、その無駄を削ぎ落としたデザインですよね。どんなコーディネートにも似合います。
カラーリングについては後述もしますが、コーディネートに合わせやすい黒やネイビーは勿論、オリーブやベージュといったカワイイけど服装にしっかり溶け込めるカラーが揃っていて選ぶのが楽しくなります。

全てのモデルに搭載されているボトム部分のシークレットポケット、これがまた抜群に使いやすく、リュックを全く降ろさずにスマートに定期入れやスマホにアクセスできるんです。
このボトム部分に小物ジッパーポケットを持ってくるのは新解釈ですよね。

また15リットルという大きすぎないサイズ感は、身長性別を選ばず小柄な私にも違和感なくフィットしました。
あと背負い心地が軽く感じるのもポイントです!

と、こんな感じでもう良い事ばっかり出てくるんですが(イマイチなところは後述のノットグッドポイント見てくださいね)、それ位バランスの取れたモデルだと感じました。





3.カラーバリエーション・素材


カラーバリエーションは今回使用したHammada Brown以外に通常ラインは3色あります。
素材感が色によって若干違うので、拡大画像もつけておきますね。


Phantom Black



Olive Grey

Hammada Brown、Phantom Black、Olive Greyは同じ織物と考えられます。
素材はPFCフリーのナイロン100%を使用しています。
少し伸縮性のある素材です。
撥水性はありますが、長時間の雨にかかると生地に水滴が染み込んじゃいます。
裏地がありますので中まで浸水する心配はありませんよ。

PFC Freeとは?

こんにちは。今日は巷でちょくちょく見かけるPFC Freeについてご説明します。まずPFC とは、化フッ素化合物のことで、以前は撥水加工としてよく用いられてきました。しかし...


その裏地は、100%ペットボトルからリサイクルされたブルーサイン認証済みのポリエステルを使用しています。
このモデルのみならず、他のSALZEN製品含め、平均22本のペットボトルが使用されているとの事です。
最近この何本ペットボトルが使用されているか、という話がよく出てきますが、これは私達にとっても非常にわかりやすい表現だと思います。
裏地は全色共通です。

Bluesignマークとは?

こんにちは!今日はBluesignマークについてご説明します。Bluesignとは…ブルーサイン(Bluesign)とは、繊維業界において環境、労働、消費者の観点における持続可能なサプライチェーンを経た製品に付与される認証のこ...




 

Knight Blue








Ash Grey
Knight BlueとAsh Greyは他の3色とは素材が違いますね。
こちらもナイロン100%の記載がありますが、織り方などが違うようです。
こっちの方が凸凹してるから撥水はしそうです。



残りの2色は限定コレクションのものです。


LUCID COLLECTION(Reflective Grey)

昼間はエレガントに、夜はリフレクティブに暗闇の中でこそ実力を発揮する反射材付きバックパック。
毎日の通勤に最適なパートナーとなります。
マットなグレーのアッパーと超ソフトな手触りの素材は、高品質なレザーのバリエーションに似ています。
バックパックに光が当たると、反射性の高いアイキャッチャーとなり、暗闇での視認性を最大限に高めます。


SAVVY LUCID COLLECTION(Reflective Grey) salzen.jp

パッと見は普通のグレーカラーですが夜間だと真っ白に光ります。
自転車通勤されている方にオススメですが、ちょっと目立ち過ぎるかもしれないので目立ちたい人用かもしれませんね。






Black Print Collection(Noir)

独特の美しさを持つポリエステル製の革新的なパフォーマンス素材。
特許取得済みのPUコーティングにより、レザーのような手触りと、摩耗や湿度に対する最大限の堅牢性を実現しています。
BLACK PRINTは、AudiやPorscheの高品質なレザーコンポーネントが通常裁断される場所で作られています。
限定コレクションのバックパックはどれもユニークで、アッパーのカットごとに異なるスポーツカーのストーリーが描かれています。


SAVVY Black Print Collection(Noir) salzen.jp

こちらは特許取得されたPUコーティングを施したポリエステルを使用しています。
レザータッチかつ不織布のような生地でかなりイカつい印象です。
摩耗にはかなり強そうです。
湿気に強いというのも日本での使用にはプラスポイントですね。



4.ディテール


重量 : 845g
容量 : 15リットル
カラー:Hammada Brown
サイズ:高さ47×幅29×奥行き14cm

重量は思ったよりあるな、といった印象です。
使ってる感じはもっと軽い気がしましたが…
サイズ感については小振りで女性でも担ぎやすいです。
個人的にはすごく良いサイズ感でした。

動画を先に貼っておきますね。これ見るだけで大体どんなリュックかわかります。


まずフロント、ここには大きめのジッパーポケットを装備しています。

手一つ分くらいが入る結構深めなポケットなんで色々入れることは可能ですが、嵩張るものを入れると形が浮き出ちゃうので注意してください。




SAVVY salzen.jp
フロントボトム部分にも小物ジッパーポケットを装備しています。
ここは不思議な構造をしてて、L字型のポケットで少し奥行きがあります。
しかもパッド素材に囲まれているのでバッテリーチャージャーなどの収納に向いています。
他のレビュアーさんで折りたたみ傘を入れてる方もいらっしゃいましたが、私の31cmの傘は入れることができませんでした。
そりゃリュックの幅以上の長さは入りませんよね。

私はここに出し入れが頻繁なキーケースを入れていました。
ここは片方のショルダーベルトをおろしてリュックを前に持ってくるとアクセスできますので、シークレットポケットと共に使用頻度が高かったです。


底部分はこんな感じです。
ここはレザーを使用していてかなり上品な印象です。

ここにはブランドの特徴の一つであるシークレットポケットを装備しています。

リュックを担いだ状態でアクセスできますので、取り出しがスムーズです。
またRFIDプロテクション・パッド付きですので、スマホやカードケースを収納するのにピッタリです。
嵩張るものは入りませんよー。

私は出し入れの頻繁な定期入れを収納していました。
一緒にキーケースも入れたかったんですが、パンパンになったのでやめました。




SAVVY salzen.jp
サイドはこんな感じです。
ミニマルな雰囲気がたまりませんね。

こうやって見ると、リュックがボトムにかけて細くなっているのがよくわかります。
嵩張る荷物は上部の方が収納しやすそうです。


メインコンパートメント内部はこんな感じです。
開口は結構大きく、両サイドにフラップがついているため横から物が落ちにくくなっています。

フロントパネル側にはストレッチポケットと、メッシュのジッパーポケットを、
背面側にはラップトップスリーブとジッパーポケット(タブレット用)、ストレッチポケット(リングバインダー用)を配置しています。
ラップトップスリーブは勿論パッド付きで底上げされており、15.6インチまで対応しています。
ここのメインコンパートメントでもしっかり仕分けが可能です。
タブレット用ポケットがジッパーなのは珍しいですね。

面白いディテールだと感じたのはリングバインダー用ストレッチポケットです。
通常のドキュメントスリーブとは違ってややマチがあり、本来ならリングバインダーを入れられるようになっていますが、私は普段使わないので別のものを収納していました。
このポケット、画像のようにペットボトルや財布などの長物を入れとくのに便利なんですよね。

このリュックにはミニマルデザインに仕上げるが故にペットボトルや折りたたみ傘等の長物を収納するポケットがありません。
ですので私はこのリングバインダー用のストレッチスリーブポケットを長物収納用に使ってました。
着替えのシャツやボルダリングシューズ位なら入りそうですので、予想以上に汎用性の高いポケットだと感じました。


私はこんな感じで収納していましたよ~。
フロントパネルのストレッチポケット→会社ケータイ、
メッシュのジッパーポケット→イヤホンやバッテリーチャージャー、コード類

背面側のラップトップスリーブ→PC
タブレット用ジッパーポケット→使用せず
リングバインダー用ポケット→ペットボトル、財布、折りたたみ傘



背面はこんな感じです。
バックパネルは恐らく内蔵パッドのみです。


ショルダーストラップはスーツストラップというものを採用しています。
見た目はArc’teryx VeilanceNomin Packや記事掲載当時のRyuLocker Packのショルダーストラップを彷彿とさせる極薄ストラップ。

無駄を極限まで削ぎ落としたアーバンリュック Arc'teryx Veilanceの「NOMIN PACK」

こんにちは!今日は無駄を極限まで削ぎ落としたアーバンリュック Arc'teryx Veilance(アークテリクス・ヴェイランス)の「NOMIN PACK」を紹介します。Arc'teryx Veilanceとは・・・都市生活における快適性とデザインを追求した、ARC'TERYX VEILA...


リッドタイプのアーバンリュックRyuの「LOCKER PACK」

こんばんは!今日はリッドタイプのアーバンリュックRyu(リュー)の「LOCKER PACK」を紹介します。Ryuとは…Respect your Universeの略。RYUは世界で最もダイナミックな、アスレチックハイ...



あえてクッションを入れない軽量メモリーフォームを採用することによって、荷物の負荷が分散するように設計されているとのことです。
肩の形に合わせてフィットし、シャツにしわが入りにくい仕様なんですって。
耐荷重も15kgあるということで、重たい荷物にも強いリュックだということがよく分かります。

背負い心地については良好で、長時間重たい荷物を担いでいても苦になりませんでした
フッカフカの厚みのあるショルダーハーネスだと、体に当たるところがフワフワしているので直感的に背負い心地が良いってわかるんですが、これはそれが無いため直感的に良いとはわかりにくいです。
ただ、PC入れて水物入れて、結構重たくしても肩に食い込まないんですよね。
スーツストラップの幅が広いからか、メモリーフォームという素材が仕事をしているからか、結果、背負い心地が良いんです。
不思議な素材です。

今後はこういったストラップを使用したリュックが増えてくるのではないかと思います。


SAVVY salzen.jp
海外出張や旅行に行く際に嬉しいトロリースリーブ付きです。

因みにこのリュックは自立します。
通勤が電車だったりあちこち出かける方には、自立できると嬉しいですよね。
パッキングが下手くそだと、たまにコテッといくことがありますので、その際は重たいものをボトム部分に持ってくるようにしましょう。


5.グッドポイント


・アクセス性、有用度の高いポケット群
まずはこれが個人的には一番良い点だと思いました。
ボトム部分にシークレットポケットを配置しているのは高ポイント!
これはめちゃ便利です。
このポケットと、フロントボトム部分のジッパーポケットはリュックを降ろさずにアクセスできたので、出し入れが頻繁な小物を収納するのに最適でした。

また個人的に合っていただけかもしれませんが、リングバインダー用ポケットや会社ケータイを入れるストレッチポケットなど、自分の荷物にぴったりな適度な大きさのポケットがメインコンパートメント内に配置されているのが良かったです。


・ファッショナブルかつフォーマルなデザイン
このミニマルデザインはカッコいいの一言に尽きます。
私が使っていたHammada Brownは通勤用にも違和感なく使えましたし、カジュアルなコーディネートでもインパクトがあってオシャレかと思います。
黒の通勤リュックに飽き飽きしている方はこの色オススメですよ!

またダークカラーを選んだとしても、OFF用バッグとしてオシャレなコーディネートの足を引っ張りません。
ここまでファッショナブルかつフォーマルなデザインはなかなか無いと思います。
ドイツ発というのもオシャレに拍車をかけますよね!


・サイズ感と軽さ
小柄な私にはこの小ぶりなサイズ感は好みでした。
ミニマルなデザインと相まってコーディネートにも一役買ってくれます。
普段の持ち物がそんなに多くない方はこれで十分だと思います。

軽さについても、これだけ収納が充実していて900gを切っていますので、軽いと思います。




6.ノットグッドポイント


・埃などが付きやすいウェビングベルト
スーツストラップについた長さ調節用のウェビングベルトが若干毛羽感のあるベルトなんです。
ですので、地面に置いてしばらくしてから持つとウェビングベルトにホコリやゴミがついてたりすることがありました。
個人的には毛羽感がなくて光沢のあるウェビングベルトの方がゴミを拾いにくくなるのではないかと思いました。


・撥水性について
これは色によって素材や織り方が違うので一概には言えませんが、私が持っていたHammada Brownはそこまで高くないかなと感じました。
普段私が使っているのが元々アウドドアやミリタリーのゴリゴリの素材なので撥水性が高いのかもしれません。
はじめは撥水しますが、しばらくするとしみてしまいます。
裏地があるので荷物に影響が及ぶことは早々ないと思いますので、水滴がついたら早めに拭き取ってあげましょう。


・長物収納、ペンスリーブがない
これは強いて言えば、というノットグッドポイントなんですが、長物収納とペンスリーブは欲しかったかなと思います。

長物収納については、最終的に私はリングバインダー用ポケットに挿し込むことで事なきを得たんですが、例えばペットボトル一本だけそこに入れるとやっぱり倒れちゃったりするので完璧ではありません。
やはりメインコンパートメント内にそういった長物を収納できるストレッチポケットなどがあればよりスマートな収納が可能かなと思います。
ペンスリーブは個人的に使うときがあるのであって欲しかったなと思った程度です。



7.まとめ


いかがでしたでしょうか?

ミニマルなデザイン、適度な大きさ、収納の豊富さと三拍子揃った良質なリュックです。
良くない点もあるにはありますが、やはり良い点が多く総じて非常に使いやすかったです。
値段はそこそこしますが、全く手が届かないというほどでもないと思います。

今様々な所でPOPUP SHOPがあり、見る機会が増えてきていると思います。
見た目によらない多機能なリュックですので、見かけたら是非手に取ってみてください!!


↓こちらより商品購入できます↓
SAVVY SALZEN Yahoo!ショッピング

SAVVY SALZEN 楽天市場

SAVVY SALZEN Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : yoopack

ご訪問頂きありがとうございます。

当ブログでは街で使えるリュックをアウトドアブランドを中心にひたすら紹介していきます。

当ブログの詳しいご紹介は→コチラ

オーストラリアのバッグメディア「Carryology」さんに、2019/10/8付でリュックコレクターとしても掲載されました!記事はコチラ

分からないことやこのリュックを紹介してほしい、特集を組んでほしいなどありましたらコメント・お問い合わせよりお願いします。

タグクラウドとサーチ

Instagram

Instagramに更新情報を配信しています。フォローお待ちしています!

人気の記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バッグ/小物
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

お問い合わせ

モニターレビュー・お仕事のご依頼、私へのメッセージはこちらよりお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: