FC2ブログ

多彩なポケットで普段使いからハイキングまで幅広く使えるトレランリュック!Montaneの「Trailblazer 18」

こんばんは!

今日は多彩なポケットで普段使いからハイキングまで幅広く使えるトレランリュック!Montane(モンテーン)の「Trailblazer 18」を紹介します!
Montaneについてはこちら











Charcoal








Electric Blue





イギリスのアウトドアブランド、Montaneのトレランリュックになります。

実はこれ、もう廃盤っぽくて販売している店舗も少ない様子です。
因みに大阪梅田リンクスの石井スポーツにはまだありましたよ~。

ですので備忘録的な位置付けで書かせていただきますね。


今回紹介する「Trailblazer 18」は、トレランリュックといえども容量は18リットルもあり、普段使いでも全く問題なく使えます。

むしろトレランリュックって、できるだけリュックを下ろさずに様々なアイテムにアクセスできるようショルダーベルトやウエストベルトにポケットが多数配置されており、これがかなり便利なんです。

また、激しい動きにもフィットするよう設計されているので、音楽フェス用にしても良いと思います。


トレランリュックのデザインって、結構分かりやすくてパッと見で「あートレランリュック担いでるな」てわかっちゃうもんなんですが、これは普通のリュックっぽいデザインなので抵抗なく普段使いできると思います。

素材は撥水処理を施した70D RAPTOR Cross Liteを使用しています。
RAPTORはMontaneでは定番の素材で、今回のものはかなり軽量性に長けた素材が選ばれている印象です。

裏地には軽量素材であるHALOが使用されています。


色展開は全2色です。
Montaneと言えば!なElectric Blue
と、コーディネートを選ばないCharcoal ですね。

Montaneの色展開はこの二色が圧倒的に多いんですけど、リュックを展開し始めてもうそろそろ10年近くになるので、どんどん他の色も展開しても良いと思うんですけどねぇ。

実物を見たところ、個人的にはCharcoal の方がカッコよかったと感じました。
私のトレランリュック第一号になるかもしれません。


ディテールの写真は残念ながらありません。
ですのでまずはこちらの動画を。

まずフロントパネル、ここには二本のデイジーチェーンとジッパーポケットが配置されています。

中にはキークリップが付いたジッパーポケットと、二つの小物スリーブを装備しています。
ポケット自体はわりと容量入ります。

メインコンパートメントはシンプルな荷室でポケット等はありません。
その他にも、クイックリリースポールアタッチメントも装備しています。




Trailblazer 18 Montane evernew-product.net
背面はこんな感じですね。

バックパネル及びショルダーベルトには「CONTACT Air Mesh Plus」システムを採用しています。

通気性とクッション性を両立させたエアメッシュパネルと、体を包み込むようにフィットさせる「COVALENT」ハーネスにより抜群の背負い心地を実現しています。

ウエストベルトには大きめのジッパーポケットが配置されており、ペットボトルやスマホ、定期入れ等の出し入れの頻繁な日用品を収納するのに向いています。



ショルダーベルトには両側に一つずつジッパーポケットを配置しています。
マチがあり行動食、普段使いならティッシュ・目薬・ケータイ(スマホは無理かもしれません)等が入ります。

ダブルチェストストラップは段階的な位置調節と取り外しが可能です。

また、背面側にはハイドレーションコンパートメントがあります。
スリーブのようになっており、ジッパーなどが特にないので雨には当たってしまいますが、街使いでは一つの収納スペースとしては使えます。

着用画像も貼っておきますね。

Trailblazer 18 montane.co.uk

容量:18リットル
重量:410g

サイズはわかりませんでしたが、小振りで身長性別を選びません。
重量はやはりトレラン用リュック、軽く仕上がっていますね。

トレランリュックは激しい動きに対応できるし、軽量ですので、これからの音楽フェスなんかにもお勧めです!
気になった方は是非検討してみてください!!

↓こちらより商品購入できます↓
Trailblazer 18 Montane 楽天市場

















関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント