FC2ブログ

丈夫で防水性の高い大容量クライミングリュック!Mountain Hardwearの「Multi Pitch 30」

こんにちは!

今日は丈夫で防水性の高い大容量クライミングリュック!Mountain Hardwear(マウンテン・ハードウェア)の「Multi Pitch 30」 を紹介します!
Mountain Hardwearについてはこちら







Stone Blue






Black








Sierra Tan





Mountain Hardwearのマルチピッチ用クライミングリュック、「Multi Pitch」が発売1年でもうフルモデルチェンジしました!

前モデルは以前記事で紹介させて頂いています。

女性にもおすすめの最新アーバン・クライミング!Mountain Hardwearの「Multi Pitch 16」

こんにちは!今日は女性にもおすすめの最新アーバン・クライミング!Mountain Hardwear(マウンテン・ハードウェア)の「Multi Pitch 16」を紹介します!Mountain Hardwearの新作クライミングリュックになります。このモデルは去年のアウ...




個人的にはかっこいいデザインでかなり好きだったんですが、僅か一年でモデルチェンジか…。

少し残念な気持ちになりましたが、良いんです!!
新しくなったマルチピッチ、もっとカッコ良くなりましたから!!笑


底部にケブラーを、メインにX-PACを使用して超強靭で超カッコ良くなりました!

しかも表生地にコットンキャンバスを使用しているので街使いでも浮かない風合いで、益々私ホイホイ(と言うより当ブログ向きの、街使いできるアウトドアリュックなモデルに仕上がったのです。


以前と同じで、ショルダーベルトを収納してホールバッグとしても運用可能ですし、リュックタイプでクライミングジムの通いリュックや旅行用リュックとしても使えます。


以前の記事では小さい方の容量の16リットルをご紹介させていただきましたが、今回は大きい方の30リットルサイズを紹介させていただきますね。

素材はさっきX-PACと記載したんですが、実はあんまり自信がありません。

見た目はX-PACなんですが、ホームページには

ディメンションポリアント TM X-10 コットンカンバス 3L X-Ply(コットン 83%、ポリエステル 17%)
コットンにポリエステル樹脂をブレンドし、耐摩耗性と耐久性を高めたX-Ply Dimension-Polyant素材とケブラー製の底面で構成


Multi Pitch30 mountainhardwear.jp

としか記載されていません。
私が作成したX-PACの記事と照らし合わせてみても、恐らくそれだろうと思うのですが、また間違えていたら教えてください。

X-PACとは?

こんにちは!今日は最近よく出てくる機能性素材「X-PAC」についてご説明します。X-PAC・・・DIMENSION-POLYANT社が開発した防水性素材。この会社、アメリカの特殊素材メ...




いつものX-PACとは雰囲気が違うのは、表生地にコットンキャンバスが使用されているからだと思います。
マットな風合いになり、以前のモデルよりも街使いがしやすくなりました。



因みに、海外のマルチピッチは、Stone Blue Sierra Tanの二つはサイドが同色ではなく黒でツートンカラー仕様になっています。
詳しくはインターナショナルサイトをご覧ください。
Multi Pitch 30 mountainhardwear.com

皆さんはどちらの方がいいでしょうか。
私は一色で纏められた日本の仕様の方が好みです。


色展開は全3色です。

Blackがカッコいいのは勿論なんですが、あとの2色も堪りませんね!


この素材感であれば間違いなく合うSierra Tanと、爽やかなシャーベットカラーのStone Blue です。

Sierra TanBlackも普段ならカッコいいのでこれを担ぎたいと言うのですが、Stone Blue のインパクトには叶いませんよね。

私はStone Blue 一択です。
夏の旅行にこれ担いで目立ちたいなぁ~。




まずフロントには小物を収納できるポケットを装備しています。

地図くらいのサイズの物は入るみたいですね。
手帳やタブレットなんかも入るかもしれないですね。




ロープホルダーもちゃんとついてます。





サイドはこんな感じです。

片方のサイドには、クライミングシューズを収納するポケットが隠れています。
このポケットは街使いではペットボトルやウインドブレーカーなどの収納もできそうです。






メインコンパートメント内はこんな感じです。

フロントパネル側にギアループが二つ付いています。
このギアループは街使いや旅行では使うことは少ないでしょうね。。。

まーポーチにループがついていれば引っかけるくらいでしょうか。


ハイドレーションを取り付けるループは背面側に配置していますが、スリーブについては記載がないのでおそらくないでしょう。
仕分けがあまりありませんので、旅行用に使うなら衣装ポーチやPCパッドスリーブなどは用意しておきましょう。



フロントパネル側にはジッパーポケットを装備しています。

貴重品等の小物はここに収納しておくといいでしょう。





ハンドルは3つ付いています。
手に持つときは小さい方、カラビナをひっかけるときは大きい方が使いやすいですかね。








背面はこんな感じです。
バックパネルは内蔵パッドのみで外側にはこれといって何もないようです。

まー確かにメッシュパッドよりかはこちらの方が岩場などでの引っ掛かりは少ないかもしれませんね。

ショルダーベルトは2層のデンシティフォームを使用しています。
厚みがあり、背負い心地は良さそうです。

チェストストラップは位置調節が可能で、ウエストストラップは取り外しが可能です。






ショルダーベルトは簡単に外すことができ、収納することができます。

これでホールバッグのように取り扱うこともできます。



着用画像も貼っておきますね。

Multi Pitch30 mountainhardwear.jp

容量:30リットル
重量:725g

サイズはわかりませんでした。
しかし30リットルあるので高さは50cm以上あると思います。
小柄な方は普段使い用よりかは旅行用等に使用した方がいいでしょう。

重量がかなり軽く仕上がっています。
それだけに、荷物をパンパンに積めたときにバックバネルがないのは残念です。


「Multi Pitch」、本当に良くなりました!
気になった方は是非店頭で手に取ってみてください!




↓こちらより商品購入できます↓
Multi Pitch30 Mountain Hardwear Amazon.co.jp

Multi Pitch 30 Mountainhardwear 楽天市場

Multi Pitch 30 Mountain Hardwear Yahoo!ショッピング








ブログランキングに参加中!クリックしていただければ嬉しいです!








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント