FC2ブログ

収納豊富で街使いにも使える容量のOSPREYのトレイルランニングリュック!「Duro15」

こんばんは!

今日は収納豊富で街使いにも使える容量のOSPREY(オスプレイ)のトレイルランニングリュック!「Duro15」を紹介します!
OSPREYについてはこちら








Silver Squall









Duro15 lostarrow.co.jp
Electric Black



アウトドアフリークたちが絶大な信頼を寄せる知る人ぞ知るアメリカンブランド、OSPREYのトレイルランニングリュックになります。

そういえば、OSPREYのトレランリュックってこれが初めてではないでしょうか。

斬新なカラーリングとデザイン、容量も15リットル入るということで、トレイルランニングには勿論ハイキングや街使いにも利用できそうです。


このリュックの特徴は、

①トレランリュックなのでショルダーベルトが幅の広いベストタイプであること、
②ベスト部分の収納を初め、担いだままアクセスできるポケットの数がトップレベルであること、
③トレランリュックっぽくないデザインであること

などです。

このデザイン、私好みです!
トレランリュックの中でもアクが少なく、ハイキングやお出掛け用にも抵抗なく使えると思います。


素材はメインに70D×140Dナイロントライアングルリップストップを使用しています。
軽量で強靭な素材というイメージですね。

アクセントに320Grナイロンストレッチメッシュを使用しています。
Grは初めて見る単位です。

調べましたが、どうやらグラムなどと同じ重さを表す単位のようですね。



色展開は全2色です。
ジャパンサイトは上記2色ですが、海外のサイトだとその他に赤などもあるみたいですね。

赤は次のシーズンに展開されるかもせれませんね。

街使いでもコーディネートを邪魔しないのはElectric Blackですが、Silver Squallもかなりカッコいいですね。

個人的には断然Silver Squall推しです!


まずフロントパネルですが、大きなストレッチポケットになっています。

一時的に脱いだ衣服等が入ります。

この大きさだともしかしたらサイクリングのヘルメットなども入るかもしれませんね。

また、両サイドにはストレッチのジッパーポケットを装備。
ペットボトル等を入れることができます。



トップからアクセスできるポケットは全部で3つです。

画像は一番背面側のポケットで、ここはハイドレーションコンパートメントになっています。

街使いではタブレット等が入ります。
ただし緩衝材となるのはバックパネルだけですので、不安な方はパッドスリーブを用意しましょう。

その手前にはサングラスポケットを装備しています。
小物の収納に便利ですね。





DURO15 ospreyeurope.com
メインコンパートメントはデュアルジッパーで開閉します。
内部はスリーブなどはなく、シンプルです。




Duro15 lostarrow.co.jp
背面はこんな感じです。

エアメッシュ素材を使用し、夏でも運動していても蒸れにくい仕様になっています。

ショルダーベルトはベストタイプを採用し、チェストストラップも二対ありホールド感抜群ですよ。

チェストストラップは取り外しができるかどうかはわかりませんが、下記動画をご覧になればお分かりかと思いますが着脱がスピーディです。

ショルダーベルトにはスラッシュタイプのポケットが4つ付いています。
行動食等を本来入れますが、街使いでは定期入れやハンカチ、目薬なんかを入れるのに便利だと思います。



DURO15 ospreyeurope.com
ウエストベルトにはジッパーポケットを装備しています。


機能の説明動画があったので貼っておきますね。


容量:15リットル
重量:0.7kg
サイズ:高さ48×幅22×奥行き21cm

重量はトレランリュックの中では割としっかりある印象です。
サイズ感は大きすぎず小さすぎずで身長性別を問いません。

こう記事を書いていると、やっぱりこのリュックはどちらかというとトレランリュックというよりデイパックなのかなと私は思います。

体へのフィット感も高いので夏フェスなどにもお勧めですよ~!

気になった方はぜひ検討してみてください!




↓こちらより商品購入できます↓
Duro15 OSPREY Amazon.co.jp

Duro15 OSPREY 楽天市場

Duro15 OSPREY Yahoo!ショッピング









ブログランキングに参加中!クリックしていただければ嬉しいです!






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント