FC2ブログ

どんなシチュエーションにも対応するアウトドア・アーバン・カメラリュック!Peakdesign の「EVERYDAY BACKPACK 20L」

こんばんは!


今日はどんなシチュエーションにも対応するアウトドア・アーバン・カメラリュック!Peakdesign(ピークデザイン) の「EVERYDAY BACKPACK 20L」を紹介します!
Peakdesignについてはこちら







Jet Black






Ash







Charcoal







Heritage Tan




今最も勢いのあるカメラリュックブランドといっても過言ではない、アメリカのPeakdesign
以前トラベルリュックを紹介しましたが、現在日本で取り扱いのあるのは今回紹介する「EVERYDAY BACKPACK 20L」なんですよ。

普通なら紹介の順番が逆ですよね。

トップからと両サイドからメインコンパートメントへアクセスできる利便性の高さとクールなデザインが今までのカメラリュックの常識を払拭していると思います。

アクセス性の高さは、創業者Peterのアウトドア撮影時の経験が活かされており、リュックを下さずにカメラ機材にアクセスし、素早い撮影ができるよう設計されています。

この機能はカメラを使わずとも街使いでも非常に使い勝手のいいものになります。
個人的にはデザインもかなりかっこいいので街使いをお勧めしたいです。

「EVERYDAY BACKPACK 20L」は機能性と利便性・デザインが非常に高いレベルでまとまった、いわば究極のカメラデイパックなんです。
と共に、究極のアーバンリュックでもあります。

…言いすぎかな?いや、個人的にはまんざらでもないと思います。



素材はDWR加工が施された400Dナイロンキャンバス素材を使用しており、ある程度の防水性はあります。
荷重がかかるポイントにはハイパロンをあしらい、Ash
のみ一部ヌバックレザーを使用しています。

色展開は全4色です。
どれもかっこいいですね~。
色展開が何色かあると、「これはかっこいいけど、これはないよな~」となることがしばしばありますが、このモデルはほんとに全色カッコいいです!

私はどの色でもいいです!!




まずはトップ部分からご説明。
トップ背面にはラップトップコンパートメントがあります。
もちろん独立です。

20リットルサイズなら15インチまで、30リットルなら17インチまでのPCに対応しています。
またここには、ラップトップスリーブを含む大小3つのスリーブが配置されており、PC、タブレット、スマホなどの仕分けが可能です。


両サイドには横持ちできるようしっかりとしたグラブハンドルと、三脚も挿しこめる大容量ボトルポケットを装備しています。



メインコンパートメントへのアクセスは両サイドからでも可能です。

両サイドのフラップにはジッパーがついており、開けるとかなり充実したオーガナイザーポケットが配置されています。

ペンスリーブからメモリーカード、バッテリーチャージャーに至るまで、さまざまな小物を収納可能です。

前述したリュックを降ろさずにメインにアクセスできるといったのはこのサイドアクセスなんです。
両側からアクセスできるというのが親切ですよね。



リュックを降ろして前に持ってくるとこんな感じでサイドアクセス部分が目の前に来るんです。

ただ、前に持ってくる「持っていき方」が右回りか左回りかって人によって違うと思うんです。
(因みに、私は右手の方から前に持ってきます。)

ですのでどちらでも対応できるよう両方からアクセスできるようにしたのは賢いですよね。







このリュックには「Flex Fold」ディバイダーが内臓されています。
カメラ用の中仕切りですね。

下記動画をご覧になるとお分かりかと思いますが、かなり自由度の高い仕切りになっています。
様々なカメラの機材に対応することができます。

もちろん普段使いの収納の仕切りとして使用することもできますよ。





EVERYDAY BACKPACK Peakdesign ginichi.com
フラップ部の留め具は「Mag Lacth」クロージャーを採用しています。
留める金具は4つあり、中の荷物の量によって拡張することが出来ますよー。

また、フラップ開けてすぐのところにマグネットで開閉するシークレットポケットのようなものも装備しています。
薄いもの(定期入れやチケット)等の収納が可能かと思われます。



EVERYDAY BACKPACK peakdesign.com
フロントボトム部分にはストラップが内蔵されており、各アタッチメントポイントに引っ掻けることで様々なものがホールドすることが出来ますよ~。

カメラの三脚から、ヨガマットに至るまで(ヘルメットもつくかな??)汎用性は無限大です!!


EVERYDAY BACKPACK Peakdesign ginichi.com
背面はこんな感じです。

バックパネルについてはホームページには特に大きな記載は書かれていませんでした。
私が見る限り、メッシュパッドが効果的に配置され、通気性とクッション性を両立させるようメッシュパッドを効果的に配置しています。また、ショルダーパッドも中々しっかりしていそうです。

チェストストラップは位置調節が可能で、ウエストトラップは収納が可能です。



EVERYDAY BACKPACK peakdesign.com
トロリースリーブも完備しています。
これもポイント高いですね。




着用画像を貼っておきます。




EVERYDAY BACKPACK Peakdesign ginichi.com

EVERYDAY BACKPACK peakdesign.com


動画も貼っておきますね。



容量:12-20リットル
重量:1.35kg
サイズ:高さ46(最大54)×幅30×奥行き17cm

重量は少し重いですね・・・。
kれはカメラリュックの宿命ともいえるでしょう。

サイズ感に関しては小振りで身長性別問わず担ぐことができるでしょう。
これじゃ少し容量が小さいな・・・と感じた方はもうワンサイズ大きな30リットルバージョンがありますのでこちらでも検討してみてください。

カメラデイパックではこのモデルが今ダントツでクールだと思います。
アーバンリュックとして使ってもカッコいいでしょう。

値段は少し貼りますが、使い倒す価値はあります!
ぜひ検討してみてください!



↓こちらより商品購入できます↓
EVERYDAY BACKPACK PEAKDESIGN Amazon.co.jp

EVERYDAY BACKPACK Peakdesign 楽天市場

EVERYDAY BACKPACK PEAKDESIGN Yahoo!ショッピング






ブログランキングに参加中!クリックしていただければ嬉しいです!






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント