FC2ブログ

クラシックフェイスが魅力のデイパック HAGLOFS の「TORSANG」

こんにちは!

今日はクラシックフェイスが魅力のデイパック HAGLOFS (ホグロフス)の「TORSANG」を紹介します!
HAGLOFSについてはこちら





SAGE GREEN





CORROSION





BLUE INK


どこか懐かしさを感じるデザインのフラップ型リュックは、HAGLOFSの秋冬新作になります。

ホームページには、

HAGLÖFSの原点ともいえる、伝統的なデザインを採用したデイパック。


とのこと。

この伝統的デザインというのは、2014年にHAGLOFS100周年を記念し販売された限定リュック「RYGGSÄG No.1」のことを指していると考えられます。

因みに「RYGGSÄG No.1」はこれですね。

そうです。
全く一緒なんですね。

「RYGGSÄG No.1」は世界で約1000個の限定生産だったようで、
・レザーをあしらう
・すべてのパーツ、行程がスウェーデン国内で行われている
・シリアルナンバー入り
・78000円という気の遠くなるような値段
というとにかくプレミアムな仕様で当時人気を博しました。

その名作を、手に届きやすい価格でリファインしたのが今作なんです。

まーうまいこと現代的な素材で落としこまれていますし、部分部分に天然皮革をあしらう点は変更せずにうまく都会的なカジュアル感を残しています。

値段も非常に手頃になって、消費者の視点になって考えられた良い商品だと思います。

バックパネルの一部やショルダーベルトはしっかりメッシュパッド入りになりましたしね。


ただ個人的にはフロントにあった二つのフラップポケットはそのままの形状の方がカッコ良かったんじゃないかなぁと思います。

素材は500D ATY Oxford Nylonを使用。
マットな質感でクラシックな雰囲気を演出しています。


色は三色展開。
HAGLOFSらしい少しくすんだ色味が逆に街に溶け込みやすいと思います。

個人的にはBLUE INKが担ぎやすそうな色味で好きです。
「RYGGSÄG No.1」の影響もあるでしょうが。



フロントには二つのジッパーポケットを配置。
出し入れの頻繁な小物はここに入れておきましょう。


TORSANG  haglofs.jp/store
背面はこんな感じです。

バックパネルは必要最低限の箇所だけに絞り、クッション性の高いメッシュパッドを配置しているようです。

街使いならこれくらいでいいだろうというのと、コストの問題があったのだと思います。

まーこのリュックにはこれくらいのバックパネルの方が雰囲気に合っていると思います。



ショルダーベルトはパッドの入った厚みのあるもので安心感があります。

チェストストラップは段階的に調節が可能です。
取り外すこともできますよー。




メインコンパートメント内はこんな感じです。

街使いにピッタリなパッド入りのラップトップスリーブに二つのジッパーポケットも付属。

このジッパーポケットは貴重品を入れておくと安心ですね。




TORSANG  zozo.jp
また、フロントポケットの上方にスナップボタンが取り付けられており、容量の調節も可能です。


着用・使用画像をいくつか貼りますね。





TORSANG  haglofs.jp/store

TORSANG  zozo.jp

容量:20リットル
重量:780g
サイズ:高さ33×幅36.5×奥行き17cm

重量は軽めでサイズ感も小振りです。
男性ももちろん担げますが女性にもお薦めです。

クラシックなでちょっぴりお洒落なリュックをお探しの方は是非検討してみてください!!



↓こちらより商品購入できます↓
TORSANG HAGLOFS Amazon.co.jp

TORSANG HAGLOFS 楽天市場

TORSANG HAGLOFS Yahoo!ショッピング



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント