FC2ブログ

ヨーロッパのアウトドア展示会「OutDoor show Friedrichshafen 2017」の最新リュック情報を集めてきました

こんにちは!

今年も6月18~21日の4日間でヨーロッパ最大のアウトドア展示会「OutDoor show Friedrichshafen 2017」が開催されました。
遅くなりましたが、各サイトやブログからアウトドアデイパックの情報を抽出し、最新情報をまとめます。

去年の記事はこちら↓
ヨーロッパのアウトドア展示会「OutDoor show Friedrichshafen 2016」の最新リュック情報を集めてきました


初めはDeuter からいきましょうか。
1.Deuter




Deuter の代表的デイパック、「Futura」シリーズがリニューアル。

すっきりとしたデザインでより洗練されたものとなっています。


outdoor-show.com/od-en/the-outdoor/mediaroom-detail
こちらの男性が手にしているのはDeuter では珍しいロールトップタイプ。
後方の壁にもその他2種類のパネルローディングタイプのリュックが確認できます。

これらも恐らく新作でしょう。
シンプルな色使いが逆にDeuter っぽくなくて目をひきますね。

outdoor-show.com/od-en/the-outdoor/mediaroom-detail



2.HAGLOFS

ultralightandcomfortable.com
HAGLOFS からは、防水素材ターポリンを使用した「KATLA」のシリーズから新作が登場。

以前まではトップロードタイプの「KATLA 25」のみでしたが、ロールトップタイプやダッフルバッグタイプも登場。
アウトドアからタウンまでこなす! HAGLOFS「KATLA25」


ロールトップタイプは中央を走るジッパーが特徴的で、これが小物ポケットなのかメインへのアクセスなのかで使い勝手が大きく変わってきそうです。

容量も「KATLA 25」と比べると同じくらいで20リットル代でしょう。
街使いにも使いやすいサイズ感になっていると思います。

実際に店頭に並ぶのが楽しみですね。




3.BLUEICE



SHOW REPORT :OutDoor 2017 - Our Top 10 Products
19リットルしか展開がなかったSquirrelがリニューアルしてシリーズ化されるようです。
 Blue iceの新作「Squirrel 19L Pack」


デザインも洗練され街使いもしやすそうですね。
トップ部にロープホルダーが付くようになり、これがデザインアクセントになっています。

作りはいたってシンプルなパネルローディングタイプ。大きく開き荷物の整理もしやすそうですね。

動画も貼っておきますね。


サイトによると大きさは12,32の2サイズに加えて動画を見てみると真ん中のサイズもあるようですね。
20リットル代のものであれば街使いでも使いやすいんですが…




4.LOWEALPINE


アメリカの老舗アウトドアブランドからは、新シリーズ「AEON」の紹介。
動画で紹介されているのは「AEON 27」のようです。

このLOWEALPINE のお兄さん、毎回出てくるけど結構男前ですよね。まーそんな話は置いといて。

上記Deuter「Futura」と似たような感じでシンプルデザイン+フロントストレッチポケットのパネルローディングタイプのリュックでハイキングから街使いまで幅広く使用できそうです。

特筆すべきはバックパネル。
デイパックレベルの容量ですがかなり本格的に作られており、背負い心地はよさそうですね。
何でもメタルフレームなどの骨格が入っておらず、バックパネルでそれを代用しているそう。

バックパネルもショルダーベルトもできるだけ薄くしているので重量も軽そうですね。
後ろの壁には18リットルサイズも展示してありましたので、大きいリュックはちょっと・・・という女性の方にも使いやすいシリーズとなりそうです。




5.MAMMUT
mammut ouddoorshow0217
Best Outdoor Gear 2018 | A Sneak Peak at Next Summer’s Jackets, Backpacks & Boots

MAMMUTからは「NEON」シリーズがリニューアル。
壁にいくつか展示されていますが、よく紹介されていたのはこれ。「NEON SMART」
動画もあります。



ジッパーがどんどんリュックを広げていき、最終的には一枚のペタンとした生地になっちゃうという仕様。
クライミングの際に荷物の取り出しが容易になると予測しますが、街使いではこんなに開く必要はありません。

ですが面白いですよね。
ポケットもメインコンパートメントに各種装備し、外側にも二つあるので全部開かなくても充分リュックとして使えます。

シンプルデザインなので街使い用リュックとして使っても問題ありません。






6.MONTANE

MONTANEからは「Hydrogen and Oxygen Pack」というリュックの紹介。

デイパックとしてはもちろん様々な追うとドアシーンで使用できる万能選手。
個人的には女性が手に持っている25リットルサイズが使いやすいかなと思います。
(ちょっとぱんぱんでかっこ悪いですが。)

それも良いんですが、後ろにずらっと並んでいるリュックの中にも見たことのないものがちらほら。
モデル名もこの動画からは判別ができませんので発売されるのをじっくり待ちましょう。


7.SALEWA
最後は「MOUNTAIN BLOG」さんよりSALEWAの動画をどうぞ。


オールラウンドなデイハイクリュックとして「MTN Trainer」シリーズを紹介していました。
通気性を考慮してパッドに穴あけたりしてるけどウチはベルト自体に穴開けちゃおう!という大胆な手法を取ったSALEWA。

前回の「OutDoor show Friedrichshafen」にもこのタイプのショルダーベルトを出していましたよね。
トレイルランニング用でしたが、登山用リュックに本格的に取り入れてきた形になります。

個人的には担ぎながら説明していたロールトップタイプの黄色いリュックが気になりましたね。



こんなところです。

今回はあまり情報や画像を探すことができませんでした。残念。

また近いうちに「Outdoor retailer 2017 summer」の情報もまとめますので、お待ちください~!!





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント