FC2ブログ

夏場に最適な通気性抜群のシンプルリュックBerghausの「FREEFLOW 20」

こんにちは!


今日は夏場に最適な通気性抜群のシンプルリュックBerghaus(バーグハウス)の「FREEFLOW 20」を紹介します!
Berghausについてはこちら





Blue




Black





Red
Freeflow20 jp.berghaus.com

イギリスのアウトドアブランドBerghausより、エアフローシステムを採用した通気性抜群のパネルローディングリュックになります。

「FREEFLOW」シリーズはBerghausの定番モデルで、1990年代から発売されて以来同社の代表的なモデルです。

背中に空間を設けたバックパネルシステムは当時画期的で、現在では多くのブランドが夏場に担ぐリュックとしてこのシステムを採用しています。

今年からデザインも一新し、よりシンプルになり街使いもしやすくなりました。

ただし街使いに使うには一つ弱点があります。
それは背中に空間を設けるシステムによって荷室が湾曲していることです。

これによってまっすぐ入れないといけない書類やラップトップ等のオフィス用品は若干入れにくくなります。

パッド入りのスリーブなどを入れて折れにくくしてやることで使用できますが、デッドスペースのうまい収納方法も考えてやらないといけませんのでその辺が少しめんどくさくはなります。

街使いでも書類やパソコンは持ち運ばないという方であれば四季を問わず担げる優れモノですので心強いカバンとなってくれるでしょう。

色は3色展開。
ベーシックなBlackRed Blue の展開ですね。
個人的には綺麗なターコイズブルーのBlueが好きですね。

フロントには2本のデイジーチェーンを装備し、カラビナなどをつけてカスタムが可能。
ポールホルダーも2本ついていますのでトレッキングにもばっちり対応しています。

デイジーチェーンの近くにはサイドからアクセスできるジッパーポケットを装備。
小物はここに集約して収納できます。



Freeflow20 Berghaus 楽天市場
背面はこんな感じです。
バックパネルはエアフローシステムを採用し、最大限の通気性を実現。

背中に当たるのは方の部分と真ん中、腰の部分のみで他の箇所は本当に何もありません。
これはかなり通気性高そうです。

パッドの部分もかなり通気性が高そうですね。3Dエアメッシュでしょうか。


チェストストラップは段階的に位置調節が可能で、ウエストストラップは取り外しが可能です。



Freeflow20 jp.berghaus.com
サイドにはコンプレッションストラップとストレッチポケットを装備。

ペットボトルや、街使いであれば折り畳み傘を入れるのもいいかもしれません。



後画像はありませんが、メインコンパートメントにはハイドレーションスリーブと蓋側にジッパーポケットを装備。
ジッパーポケットには貴重品を入れておくといいです。


レインカバーも付いています。
突然の雨は山でも街でも変わりなく降ってきますのでこれがあるのとないのでは大違いです。
この機能は特にサイクリストの方に嬉しいですよね。


動画も貼っておきます。
容量が違うのでエアフローシステムの解説になりますね。



容量:20リットル
重量:840g
サイズ:高さ50×幅27×奥行き18cm


重量は軽めでサイズ感も大きすぎず身長・年齢を問いません。
誰にでも気軽に担げるデザインだと思います。

基本的にはハイキング用のリュックですが、サイクリングをしている方にも特にお勧めです!
見つけたら是非担いでもらって通気性の高さを実感して下さい。


↓こちらより商品購入できます↓
freeflow20 Berghaus Amazon.co.jp

Freeflow20 Berghaus 楽天市場

freeflow20 Berghaus Yahoo!ショッピング





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント