FC2ブログ

拡張性の高い出張・旅行用に最適なアーバンバックパックINCASEの「VIA Backpack 」

こんばんは!

今日は拡張性の高い出張・旅行用に最適なアーバンバックパックINCASE(インケース)の「VIA Backpack 」を紹介します。
INCASEについてはこちら



Anthracite



Deep Red



Black



Apple 公認のラップトップバッグブランドのINCASEより、出張に便利な2WAYバッグの登場です。

以前よりEO Backpackというキャリーオンバッグがありましたが、それをさらにシンプルなビジュアルにした新しいリュックになります。

このリュックの特徴としては大きく二つ。


ひとつはコンパートメントが

1.ラップトップコンパートメント
2.ドキュメントコンパートメント
3.衣服等を入れるコンパートメント

で大きく3つに別れていることです。
荷物がなかでごちゃごちゃせず、スマートに荷物を整理できます。


そしてもうひとつの特徴が、拡張してマチが増やせることです。

通常時は普段使いにも丁度良い厚みで通勤なども難なくこなせますが、2泊以上の出張時でも拡張してマチを増やせば問題ないんです。

出張用のバッグを普段使いにしてるけど、でかいし分厚くてちょっとカッコ悪い…でも出張用と普段使い二つも持ちたくない…

そんな方にぴったりですよ~!!

これで普段用と泊まりの出張用両方カバーできちゃいます。
しかもApple 公認なんでパソコンの保護能力もお墨付き、おまけにデザインがかっこいいとくれば申し分ありませんね★

ただ日本で入手しにくいのが難点なんですけど…汗

色はCOOLな三色展開。
Blackは勿論シチュエーションを選びませんし、Deep Red Anthracite もシックな色使いで通勤にも使えそうです。

何よりかっこいいです。
個人的にはAnthracite を推したいところ。

スッキリとしたフロントデザインと深い緑の組み合わせが好みですね。

これ出張で使ったらカッコいいだろうなぁ…。
勿論色物のバッグ使っていいかどうかは会社の雰囲気にもよりますが。

グラブハンドルはトップとサイドについており、ブリーフケースのように持つことも出来ます。

分厚いので重たくても食い込みにくく持ちやすいハンドルになっていますね。



小物類を入れるジッパーポケットにはサイドからアクセス出来ますので、スマホやキーケースはここに入れておきましょう。



サイドはこんな感じです。
これが拡張すると…


ここまでマチが広がります。

これ見てるとかなりマチがありますね。
この容量ならもしかしたら3,4泊位は行けちゃうかもしれません。



背面はこんな感じです。

メッシュパッドを過重のかかるところに配置し、真ん中は通気孔にしてベンチレーション性を高めています。

バックパネル、ショルダーベルト共にメッシュパッドの厚みがありますので安心感がありますね。

チェストストラップは位置調節が可能です。


背面側にはラップトップコンパートメントがあり、15インチまでのパソコンが入ります。

フリースライニングでパソコンを優しく保護してくれますよ。

フロント側には書類や雑誌が入れられるコンパートメントがあります。
こちらは大きく開くので荷物の整理もしやすいです。

またオーガナイザーポケットも完備されているので、ペンなどの細々したものもここに収納できます。


VIA Backpack  incase.com
真ん中のコンパートメントが拡張できる場所だと思います。


ここには着替えをたっぷり入れることができそうですね。

中身が見やすいU字型の大型メッシュポケットと、反対側にもジッパーポケットが。
これもメッシュですかね?

とにかく、中の荷物が暴れず混同しないようになっていますね。

容量が多くなってもこれでスマートな仕分けができます。

重量: 1.18kg
サイズ:高さ48×幅31×奥行き16cm

容量はわかりませんでした。
ただ、拡張時は30リットル以上はあると思います。

重量は少し重めですが、容量がたくさん入ることと、機能性を考慮すれば軽いくらいでしょう。

サイズ感については、高さがないので身長は選ばないと思います。

厚みも調節できるので、普段の通勤から出張用と幅広く活用できるでしょう。

みんなと違う出張用の2WAYリュックをお探しの方は是非検討してみてください!


↓こちらより商品購入できます↓
VIA BACKPACK INCASE Amazon.co.jp

VIA BACKPACK INCASE Yahoo!

VIA Backpack INCASE Amazon.co.jp

ただし上記二つはどちらも平行輸入品のようです。
ご了承を。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント