FC2ブログ

オールマイティーデイパックの名作 HAGLOFS の「RAND 30」

こんばんは!

今日はオールマイティーデイパックの名作 HAGLOFS (ホグロフス)の「RAND 30」を紹介します。
HAGLOFSについてはこちら



TRUE BLACK /MAGNETITE


HURRICANE BLUE /VIBRANT BLUE

HAGLOFSのパネルローディング型バックパックになります。


この「RAND」というモデルは私がリュックに興味を持ち始めた15年前から販売されており、形は変われどオールマイティーなテクニカルパックとして人気のリュックでした。

そのランドが2016年にフルモデルチェンジしました。

今流行りのトレランリュック風のデザインながら、バックカントリーリュックの要素も持ち合わせ、通年使用できる優れものです!!

スキー、スノーボードも取り付けられる仕様になっており、それらが付いたままでも中の荷物が取り出せるようにバックオープンもできるようになっています。

これは便利ですね!!

普段荷物を取り出すときはトップからアクセスして、旅行などでたくさんの荷物を整理しながら出し入れするときはバックパネルからアクセスする、なんてことが出来る訳です。

色は二色。どちらも街使いでも全く問題ない色使いです。

個人的にはHURRICANE BLUE /VIBRANT BLUEHAGLOFSらしくてお勧めです。


バックパネルはメッシュではなく、低反発フォーム材を使用。

クッション性は良さそうですが、夏場は若干蒸れるかもしれないですね。

サポート性と着用時の快適性を高めるinteractサスペンションシステムを採用しています。

トップスタビライザーも付いていますので、荷物が重たいときも安心です。
(トップスタビライザーについてはこちら


ウエストベルトは幅が広く、腰をすっぽりカバーします。

両方にジッパーポケットが配置され、マチがあるものはいれにくいですが、行動食やカードケース、キーケースなどは入れることができます。

担いだままアクセスできるのも良いですね。



フロント面の縦に走るジッパーは、アバランチギアコンパートメントです。

プローブ、ショベル等が入れられ、名前つきでのスリーブも完備しています。
これは丁寧な作りですね。

街使いではメインコンパートメントと分けたいものをいれましょう。

筆箱、ポーチ、手帳等々…
スリーブが付いているのでタブレット等をいれるのにも良いでしょう。


RAND30 haglofs.jp

メインコンパートメント内はこんな感じ。

蓋側にはメッシュのジッパーポケットを配置。
貴重品をいれるのに適しています。

ハイドレーションスリーブもしっかりついています。

街使いではこのスリーブはラップトップをいれたいところですが、見たところかなり幅か狭く、小さなラップトップしか入らないかもしれませんね。


容量:30リットル
重量:1210g
サイズ:高さ56×幅35×奥行き18cm

重量は若干重めですが、男性ならそこまで気にならない重さだと思います。

サイズは30リットルも入るのでしょうがないかなとは思いますが少し大きいですね。

大きさが気になるのであれば一度試着してみることをおすすめします。


今まで「RAND」はトップローディングタイプだったのに対して今期からはパネルローディングになり、街使いしやすくなりました。

この機会に是非検討してみてください。



↓こちらより商品購入できます↓
RAND30 HAGLOFS Amazon.co.jp

RAND30 HAGLOFS 楽天市場

RAND30 HAGLOFS Yahoo!ショッピング




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント