FC2ブログ

手持ちカメラの臨場感は半端ない 映画「ジェイソン・ボーン」

こんにちは!

先週末、「ジェイソン・ボーン」を見てきたので、紹介したいと思います。


eiga.com

監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、アリシア・ビカンダー、トミー・リー・ジョーンズ、ヴァンサン・カッセル


新たなボーンシリーズが封切られました!!
前作「ボーン・レガシー」がスピンオフ的作品だったのに対して、今回はちゃんと主演にマット・デイモン、監督にポール・グリーングラスを起用し本気モード出してきましたね!!

地味な格闘戦、派手なカーチェイス、淡々とした展開にもかかわらずなぜかハラハラドキドキする…これがボーンシリーズの魅力だと思います。

それに加え、ポール・グリーングラス監督の手持ちカメラによる独特な臨場感。

ただ、今回はカメラアングルが激しくって酔いやすい私には少ししんどかったです。

話は「アルティメイタム」で大体完結したんですが、そもそも何でボーンがドレッドストーン計画に志願したのかに焦点が当てられます。

追跡するCIA側もキャストを一新。
司令塔をトミー・リー・ジョーンズ、新ヒロインにアリシア・ビガンダー。
トミー・リー・ジョーンズはかなりヨボヨボですね。
流行り始めたときすでにおじいちゃんだったからしょうがないんですが…

ヒロインの女性はすごく美人です。
この人の立ち回り方が物語の展開を面白くしています。

暗殺者役にはヴァンサン・カッセル。
ドンピシャの配役です。
文句無し。

個人的にはもう1人くらい強い暗殺者がいても良かったんですが…。

前作のオマージュとも取れる展開やシーンがあったり、全体的に楽しめたんですが、前の3部作と比べると若干パワー不足かなと感じました。

あと、ボーンシリーズの接近戦って明るくて綺麗な環境で行われる泥臭ーい地味な戦いをするっていうイメージがありました。
だから手持ちカメラによる激しいアングルの切り替えがあってもまだ見やすかったんです。

でも今回は暗~い場所でそれするもんだからもう何が何だかわからない笑

そういった意味ではボーンシリーズよりも「グリーン・ゾーン」に近い印象を受けました。


あっでも!!

カーチェイスは凄かったですよ!!
めっちゃ派手でした。

ボーン車も敵車もボンボン車にぶつかってましたよ。

ただ、ボーンの乗る車はベッコンベッコンだったのに敵車が乗るSWATのジープは全然凹んでなかったのがかなり不思議でしたけどね。

妻があの車なら私もカーチェイスできる!と言ってました笑


手ブレが結構あるんで観る人選びますが、個人的には面白かったです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ジイソンボーン

マットデイモン最高😃⤴⤴