FC2ブログ

 バックカントリーとは?

アウトドアのサイトでリュックを探していると、バックカントリーパックとか、バックカントリー用バックパックという言葉を目にします。



この、バックカントリーとは何なのか、またそれ用のリュックとはどういうリュックなのかを書きたいと思います。



ざっくり言うとバックカントリーとは、ゲレンデのではなく、整備がしっかりされていない雪山を滑るスポーツの事を指します。
ゲレンデではないので、登りは自力です。
スキー板で登ったり、スキー板で登れない所はスノーシューやアイゼンを使用することもあります。

さらに詳しくバックカントリーを知りたい方はこちらへ。かなり詳しく書かれています。
http://www.yama-ski.com/what/


私有地の山などはダメで、国立公園が主な場所なのか。なるほど。

リュックの特徴としては、やはりスノーボードやスキー板を取り付けることができる事でしょうか。


因みに、スノーパックと書かれているのもバックカントリーパックと同じと考えて良いでしょう。




OSPREY「kode 22」

http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/detail.cgi?seq=000524


Ortovox 「HAUTE ROUTE 35」

http://www.ortovox.com/uk/shop/backpacks/tour/haute-route-35-black-anthracite




スキー板や、スノーボードをフロントに取り付けられるストラップがあります。



更に、スキーを両サイドに取り付けられるようになったりしてますね。




ヘルメットを取り付けることができるものもあるようです。


ゴーグルポケットも。

※上記4枚の画像はOSPERY「kode 22」の機能です。全てのバックカントリーパックにこの機能が付いているわけではありません。

フロントに2本のストラップが配置されているモデルが多く、これがなんか男らしくてかっこ良いんですよね。私も何個か持っています。

後パネルローディングモデルがほとんどです。私は密かにパネルローディング派なので、それも好きな理由ですね。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント