FC2ブログ

 パネルローディングとは?

こんにちは!

今日はパネルローディングタイプのリュックについてご説明します。


パネルローディングとは、一番大きい開口部へのアクセスをジッパーで行うタイプのリュックの事です。

難しい横文字ですが、街でよく見かけるジッパーでがばーっとふたが開くものです。デイパックではこのタイプが多いと思います。





OUTDOOR PRODUCTSデイパック
http://www.outdoorproducts.jp/OUTDOOR_PRODUCTS_SP/display/item/?di=CON-183




VaudeNendaz20
http://www.vaude.com/de-DE/Produkte/Rucksaecke/Daypacks/Nendaz-20-cactus.html







Peak performance
Ctour daypack15l
http://peakperformance.jp/products/detail.php?id=1647&search


メリット

★一般的なデザインが多く、場所を選ばず使いやすい。

★開口部が大きいので、荷物の取り出しがしやすく、中身の確認も容易。

★アクセスが早い。


デメリット
★他のタイプに比べるとやや防水性に欠ける

★荷物を入れすぎると、ジッパーが壊れたり、勝手に開いたりする

★荷物の仕切りがあまりない。




デメリットの、防水性について。
これは、激しい雨などの時にジッパーの部分から浸水する可能性があるという事です。



雨蓋が付いているトップローディングタイプや、開口部が雨に当たらないロールトップタイプと比べるとこれはしょうがないかと思います。

大体はジッパーに直接雨が当たらないよう布地でカバーしていたり、最近では防水のコーティングを施した止水ジッパーなども見かけます。

止水ジッパーは完全防水では無いですが、ある程度の雨なら弾きますので、そこまで致命的な短所では無いと思います。

最近は止水ジッパーに色がついてアクセントカラーになっているものもありますので、オシャレなリュックが多いです。



メリットの、荷物の出しやすさとアクセスの速さについて。

これがこのタイプの最大の特徴です。
私は、街使いで使うならパネルローディングがダントツで一番使いやすいと思っています。

デイパックにパネルローディングタイプが多いので、まぁ周知の事実といえばそうなんですが笑

持ってるリュックも、このタイプが一番多いです。

開口部がどれだけ開くかによりますが、荷物がどこにあるかがすぐわかりますし、整理もしやすいです。

また、リュックを前に持ってきて担いだままメインポケットから荷物が取り出す時、一番取り出しやすいタイプでは無いでしょうか。

トップローディング型は雨蓋が邪魔になるし、ロールトップもロールを戻すと結構な高さになるので降ろさないと荷物が取れないでしょう。

この様に、街で使うならパネルローディングが個人的には無難でオススメです!






 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント