FC2ブログ

 リュック紹介 karrimorの個性的なミリタリーパック「HYDRO 30」

こんにちは!

本日はイギリスの名門ブランドkarrimor(カリマー)より「HYDRO 30」のご紹介です。




OLIVE

BLACK







Karrimorとは・・・

アルピニズム発祥の国イギリスのアウトドアブランド「カリマー」。その語源は「carry more=もっと運べる」。カリマーがチャールズ&メアリー・パーソン夫妻によって、サイクルバッグメーカーとして誕生したのは1946年のこと。タフで機能的なその評判は、瞬く間にクライマーたちにも届くこととなった。そして1957年、リュックサックの分野へ進出。トップクライマーの目的にかなう先鋭的な製品の開発と同時に多くの登山家、冒険家たちの挑戦に対するサポートを開始。世界に誇る名クライマーとともに共同研究を重ね、多くの革新的な商品を発表してきた。そうした彼らのチャレンジスピリッツと、そこからのフィードバックこそが、カリマーが単なるアウトドアーズブランドではなく、クライマーとともに生きている・・・、あるいはアルピニズムそのものといわれる所以である。最初のクライミングザックが登場してから現在に至るまで、カリマーは世界の高峰、極地、熱帯雨林、砂漠へと、無数の挑戦をし続けている。
KARRIMOR日本代理店 SBA Inc.より引用



シャープなシルエットのリュックですねー!
karrimorは日本でも定評があり、結構人気のあるブランドですが、最近はおしゃれな方向にシフトして行ってるのかな。

2000年位の時から有名なモデルはずっとあったんですが(ridgeとかcougarとか)、その頃は他にも結構攻めてるデザインのリュックがあったような気がします。

その攻めてるリュックの中で私が記憶にあるのが「HYDRO」シリーズ(単に私が「HYDRO 20」を持っているからなんですが)。

当時はその独特なフォルムに驚き、「これどうやって使うの?」と思いながら見ていた覚えがあります。

そしてkarrimorのミリタリーラインであるkarrimor SF「HYDRO 30」がまだ売られているのを発見しました!!


色はミリタリーラインらしいOLIVEBLACK
男らしくてかっこいいですねぇー。
(後で調べたら他にもカモフラ柄とか別の色もあるようです。)


ミリタリーラインなので、素材もタフ!!
「KS100e」という、耐摩耗性、耐水性に優れた高強度素材を使用しているので、毎日使うのにもってこいの素材です。


HYDROという名前通り、ちゃんとハイドレーションの機能も有しています。




メインポケットはフロントに垂直に走るジッパーを開けることにより、大きく開口します。
ハイドレーションを入れるポケットもトップにあるのでそこからアクセスしてもいいですね。

両サイドと両ウエストベルトに小物が入るポケットがあります。
バンジーコードも付いているのでなかなか使い勝手が良さそうです。

スーパーフィットパックシステムにより、包み込むような背負い心地を実現しています。
荷物覆い時はいいんですけど、夏とかはどうしても熱いですよね・・・笑


容量:30L
重量:1.2kg
寸法:高さ55×幅35×奥行き25cm

旅行使いにもいい感じの30ℓです。
重量が若干重いですが、ミリタリー物なのでこのへんはご愛敬。
寸法は・・・特殊な形なのでなかなか難しいですね。でもこの寸法よりもスリムに見えるはずです。

軍モノってやたらストラップついてたり当たり前のように四角かったりするので、karrimorの攻めてる感を出してるこのモデルは地味にお勧めだったりします。

ぜひkarrimorの攻めてる感を体感してください!!笑



↓こちらより商品購入できます↓
HYDRO 30

Hydro30 Karrimor 楽天市場

Hydro30 Karrimor Yahoo!ショッピング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント